<< index

MCISEQ

S.PROGRAMS NET :: HSP :: MCISEQ

MCISEQ コマンド集

open デバイスを初期化します。
close デバイスを閉じます。
play 再生を開始します。
stop 再生を停止します。
seek ディスク上の指定の位置へ移動します。
set デバイスコントロールの設定をします。
status デバイスの再生位置などの情報を取得します。
info デバイスからテキスト情報を取得します。


MCI コマンドの構文は次の形になります。
コマンド デバイス名 (パラメータ)


play music from 0


このページのコマンド使用例ではファイル "music.mid"music というエイリアスで開かれているものと仮定しています。

open

open コマンドは、デバイスを初期化します。


パラメータ
alias エイリアス デバイスのエイリアス (別名) を与えます。以後の MCI コマンドでは、エイリアスがデバイス名と同等に扱われます。


使用例

music というエイリアスでファイル music.mid を開きます。
	mci "open music.mid alias music"


RETURN TO TOP

close

close コマンドは、指定のデバイスをクローズします。


使用例

music というエイリアスのデバイスをクローズします。
	mci "close music"


RETURN TO TOP

play

play コマンドは、シーケンサの再生を開始します。一時停止後の再生再開としてもつかえます。
パラメータを省略すると、前に停止した位置から再生が開始されます。

移動先の位置を指定する場合、時刻形式は set コマンドで設定されたものを使います。


パラメータ
from ポジション 再生開始位置を指定します。指定する再生開始位置の時刻表示形式はあらかじめ set コマンドで設定しておきます。
to ポジション 停止位置を指定します。指定する停止位置の時刻表示形式はあらかじめ set コマンドで設定しておきます。


使用例

set コマンドで時刻形式をミリ秒に設定し、musicの10秒から15秒までの間を再生します。
	mci "open music.mid alias music"
	mci "set music time format milliseconds"
	mci "play music from 10000 to 15000"


RETURN TO TOP

stop

stop コマンドは、シーケンサの再生を停止します。一時停止としても使えます。


使用例

エイリアス music のデバイスの再生を停止します。
	mci "stop music"


RETURN TO TOP

seek

seek コマンドは、ファイル内の指定位置まで移動します。

移動先の位置を指定する場合、時刻形式は set コマンドで設定されたものを使います。


パラメータ
to ポジション シーク先の位置を指定します。
to start シーケンスの先頭にシークします。
to end シーケンスの終端にシークします。


使用例

music を 60 秒の時点へシークさせます。時刻形式は、set コマンドでミリ秒に設定されているものとします。
	mci "seek music to 60000"


RETURN TO TOP

set

set コマンドは、ドライバの制御の設定を行います。


パラメータ
time format milliseconds 時刻形式をミリ秒に設定します。
以降、位置を示す値を使うすべてのコマンドは、時刻形式としてミリ秒を使用します。milliseconds は、ms と略すこともできます。
tempo テンポ 再生のテンポを設定します。


使用例

music の時刻形式を ms (ミリ秒) に設定します。
	mci "set music time format ms"


music を 500bpm のテンポで再生します。
	mci "set music tempo 500"
	mci "play music"


RETURN TO TOP

status

status コマンドは、デバイスのステータス情報を取得します。
取得した情報はHSPのシステム変数 stat および refstr から取り出せます。


パラメータ
length 現在の時刻形式でのシーケンスの長さを返します。
mode デバイスの現在のモードを示す、次の値のいずれかを返します。
not ready, paused, playing, seeking, stoped
port シーケンスに割り当てられたMIDIポート番号を返します。
position 現在の時刻形式でシーケンスの現在の位置を返します。
ready デバイスの準備ができていれば、TRUEを返します。
tempo 現在のテンポを返します。
time format 現在の時刻形式を返します。


使用例

music のテンポを返します。
	mci "status music tempo"
	mes refstr


RETURN TO TOP

info

info コマンドは、デバイスのテキスト情報を取得します。
取得した情報はHSPのシステム変数 refstr から取り出せます。


パラメータ
file MIDIファイル名を返します。
copyright * MIDIファイルの著作権情報を返します。 *
name * MIDIファイルの曲名を返します。 *
* 取得できないことがあるらしい


使用例

music のファイル名を表示します。
	mci "info music file"
	mes refstr


RETURN TO TOP
BACK